セキスイ美草を使ったフロア畳の青畳工房製とメーカー品との違いは? | 赤ちゃんに国産の置き畳
↓通販はこちら↓

畳マン六代目が作る国産だけの置き畳

置き畳の通販

セキスイ美草を使ったフロア畳の青畳工房製とメーカー品との違いは?

置き畳の青畳工房ショップサイト

 

畳マン六代目
畳マン六代目

こんにちは!畳マン六代目です!

年末になり飲み会が多くお腹が成長してきてきますw食った分は消費しないとダメですねー。

自社製造の置き畳とメーカー仕入れの置き畳

稀に問い合わせてこんなことを聞かれる事があります。

 

「積水成型工業の仕様と違うのですが、なぜですか?」

 

当店が皆さんにお見せしているセキスイ美草置き畳の商品ページの見せ方が悪いのでしょうが、そんな問い合わせがあります。

 

当店はセキスイ美草のメーカー積水成型工業さんが製作販売しているフロア畳を仕入れて販売しているわけではなく、セキスイ美草畳表を仕入れて、当店で製造販売しているものになります。

 

 

畳マン六代目
畳マン六代目

なんで?セキスイの置き畳なのに違うのですか?って当店で作っているから仕様が違うのは当然なのです。

畳屋が畳屋として材料を仕入れて加工しているということになります。

 

メーカー品とはどこが違うの?

積水成型工業がメーカーとして作る置き畳と

 

青畳工房がセキスイ美草の畳表を仕入れて作る置き畳は色んな仕様が違います。

 

まずは、基本サイズがメーカー品は83cm真四角。

 

当店の基本サイズは82cm。で1cm小さい。

 

しかし、当店の置き畳は「正方形であればオーダーサイズでも追加料金なし」なのです。

 

70cmから、88cmまでの正方形に限りますが、オーダー追加料金は頂いておりません。

 

芯材が違います。

 

積水成型工業はMDF

 

青畳工房は伊藤園の茶殻配合インシュレーションボード

MDFの方が重く硬い反面芯材としては長持ちするかと思います。

 

伊藤園の茶殻配合インシュレーションボードは適度な柔らかさで実際の畳に少しでも近づけようとその芯材を選びました。

 

また茶殻の効果で消臭も期待できます。

伊藤園から、取扱店としての認定証も頂いております。

 

裏面の滑り止めが違います。

 

積水成形工業の滑り止めはポリエチレン発泡体の滑り止め。

 

青畳工房は不織布の滑り止め。

実際滑り止めの効き方を比べてみましたが、不織布の滑り止めの方が芯材を選ばす軽めの重量でもしっかりとグリップしました。

 

ジョイントの有無。

 

積水成型工業の置き畳にはジョイントが付属されます。

 

青畳工房の置き畳にはジョイントがありません。

 

当店の置き畳にはジョイントが存在しないのです。

 

それは不織布の滑り止めがかなり効きますので必要がないと判断したからです。

 

また、掃除などの際に置き畳をジョイントから外したり、戻す時も手間がかかることにもあります。

 

畳マン六代目
畳マン六代目

茶殻配合のインシュレーションボードで置き畳通販をしているところはあまりないのかも?

出来るだけ普通の畳の感触に近づけたいという畳マンの思いがそこにあります!

青畳工房が自社で製造することによるメリットは?

自社製造することで購入するお客さんに与えるメリットは何があるかと言うと、

 

メーカー品より価格が抑えられるので安く提供することができます。

 

正方形オーダーサイズが追加料金無料で注文できます。長方形は1枚あたり1000円追加で可能。

 

畳職人が製造した置き畳が購入できる。

 

などあるかと思います。

 

畳マン六代目
畳マン六代目

仕入れて販売する分のショップページも作っても良いかな。とは思うのですが、なおさらみなさんを混乱させてしまいますのでやめておきますw

青畳工房 古賀畳工業所
TEL:0120-743-443
〒840-0054
佐賀県佐賀市水ヶ江1-13-39
(佐賀城本丸通り龍谷高校北側)
  
フルーツ起き畳
ちょこんと沖畳
岡山倉敷デニムユニット畳"
インディゴおき畳通販
ナイトフォレスト


小城の畳は   久留米の畳は   神埼の畳は
The following two tabs change content below.
畳マン六代目 古賀隆夫
1982年、佐賀県佐賀市の生まれ。 畳の被り物をしてマラソンに出てみたところマラソンではなく被り物に興味を持ってしまった畳屋六代目。 通常の畳替えのほかフローリング用の置き畳製作を日々こなしている。 ほかに社寺仏閣の有職畳など特殊技術を持ち畳職人としても光るものがある。 国産畳表以外は一切使わない!という頑固なところも評価され地元の方々からも安心な素材を使っている畳屋という認識がある。 佐賀県最後のイグサ畳表生産者吉丸さんの畳表をメインに使用し、佐賀県産の消費量はNo.1ということである。 畳1グランプリ九州代表