沖縄ビーグ畳表と琉球畳は違う | 赤ちゃんに国産の置き畳
畳マンの置き畳通販
置き畳通販サイト

沖縄ビーグ畳表と琉球畳は違う

line@

ビーグ畳表

沖縄からこんな畳表が届きました!

沖縄の地で育ったイグサ。ビーグイグサ。

そのイグサで織られた畳表です。

ビーグと言う名前は、高級畳表の代名詞

備後畳表からきていると言われています。

しかし備後の地草であるセトナミという品種とは似ても似つかぬ品種で、素人目にも違いが簡単にわかります。

何がそんなに違うのかというと、まずは

太さ

イグサその物の太さが全く違う。

ビーグが太く、その太さは3倍から4倍はあるように感じます。

そして硬さ。
表皮の硬さが全く違い、ビーグは硬くまるで竹ひごのようです。

耐久性が高い畳表で、夏場など寝転がるとヒンヤリとても気持ちよさそう。

まさに沖縄にぴったしの畳になるんです。

あ!じゃぁこれが琉球畳??

と言われることもありますが、琉球畳とは別もので、琉球畳は植物そのものが違い、イグサではなくカヤツリグサという形も違う植物になります。

青畳工房 古賀畳工業所
TEL:0120-743-443
〒840-0054
佐賀県佐賀市水ヶ江1-13-39
(佐賀城本丸通り龍谷高校北側)
  
フルーツ置き畳
ちょこんと
岡山倉敷デニム置き畳"
インディゴ
ナイトフォレスト


小城の畳は   久留米の畳は   神埼の畳は
The following two tabs change content below.
畳マン六代目 古賀隆夫
1982年、佐賀県佐賀市の生まれ。 畳の被り物をしてマラソンに出てみたところマラソンではなく被り物に興味を持ってしまった畳屋六代目。 通常の畳替えのほかフローリング用の置き畳製作を日々こなしている。 ほかに社寺仏閣の有職畳など特殊技術を持ち畳職人としても光るものがある。 国産畳表以外は一切使わない!という頑固なところも評価され地元の方々からも安心な素材を使っている畳屋という認識がある。 佐賀県最後のイグサ畳表生産者吉丸さんの畳表をメインに使用し、佐賀県産の消費量はNo.1ということである。 畳1グランプリ九州代表

コメント