花のエッセイ No.300 松竹梅 施工例 | 赤ちゃんに国産の置き畳
畳マンの置き畳通販
置き畳通販サイト

花のエッセイ No.300 松竹梅 施工例

line@おき畳のラインアット

花のエッセイ

大宮縁 高田織物 花のエッセイ 松竹梅 No.300

日本人にこよなく愛される花たちをテーマにした風雅な柄が
お部屋の一角に万葉の世界を広げます。
楚々とした中に華やかさを光らせる小粋なコーディネートをどうぞ。

おめでたいことがあると
日本人は松竹梅を思い浮かべるもの。みなさんの暮らしに幸多かれ、と。
松、竹、梅の3つとも寒に堪えるところから、
中国では“歳寒の三友”として画の題材に多く使われてきました。

☆畳マン六代目のコメント

滅多に使うことがないこの花のエッセイですが、好きな人は好きなんですよねー!

柄がない場所は無地縁の浮みたいな感触です!

青畳工房 古賀畳工業所
TEL:0120-743-443
〒840-0054
佐賀県佐賀市水ヶ江1-13-39
(佐賀城本丸通り龍谷高校北側)
  
フルーツ起き畳
ちょこんと沖畳
岡山倉敷デニムユニット畳"
インディゴおき畳通販
ナイトフォレスト


小城の畳は   久留米の畳は   神埼の畳は
The following two tabs change content below.
畳マン六代目 古賀隆夫
1982年、佐賀県佐賀市の生まれ。 畳の被り物をしてマラソンに出てみたところマラソンではなく被り物に興味を持ってしまった畳屋六代目。 通常の畳替えのほかフローリング用の置き畳製作を日々こなしている。 ほかに社寺仏閣の有職畳など特殊技術を持ち畳職人としても光るものがある。 国産畳表以外は一切使わない!という頑固なところも評価され地元の方々からも安心な素材を使っている畳屋という認識がある。 佐賀県最後のイグサ畳表生産者吉丸さんの畳表をメインに使用し、佐賀県産の消費量はNo.1ということである。 畳1グランプリ九州代表