裏返し表替えと裏返しはどっちがいいの|置き畳も国産だ!ちょこんと畳ブログ
  カテゴリー>: 裏返し
表替えと裏返しはどっちがいいの?…

さてアメブロの方も再開しててんてこまいになってしまいそうな畳マン六代目ですよー!




畳の表替えで既存の古い畳表を当然剥がすのですが、裏と表でこんなに違うんです!

畳表

えっとどっちが表側?って人はさすがにいないよね???

左が今まで表になっていた部分で右がその畳表(ゴザ)を折り返して見た裏の部分です。

この写真だけ見ると綺麗な感じに見えちゃうんですよねー!


実際この裏の青い面を使って縫い直すと『畳の裏返し』という作業になります。


最近は限界まで畳表を使った上での裏返し依頼が多く、対応できない場合も多いのが実情ですけどね^^;



で、この綺麗に見える面だけど新品と比べたらどうなんでしょうね!?

あんまり変わんないんでしょうか??


並べてみました^^






今度は右が新品。


あれ??裏表を比べてた時はあんなに青く見えたのにw


新しい畳表と比べちゃうと、カメラのせいもあるけどこれだけ青さが変わって見えちゃうんですよー!


当然裏面が多少青くてもイグサの香りは完全に飛んでますからイグサの香りが楽しみな人は新品に張り替えるしかないんですね〜^^



確かに裏面単体で見ると青く見えちゃうんですが、実際はこんな感じ^^;





畳の裏返しのリスクも考えよう…

畳マン六代目だよー!

今日の畳替えの予定は裏返しだったんだけど・・・

とその前に裏返しとは、今ついている畳表を剥がしてその畳表を裏返しにして使うこと。決して畳そのものを裏返すということではないからね!


裏返しの予定だったけど、お客さん宅で表替えに変更になったよ^^


なんでかというと、お見積もりの時に、裏返しにするには年数が経ちすぎていることを伝えてて、今現在は裏返せそうな気がするような状態でも畳表を剥いでみるとシミなどがある可能性も高い。青味も思ったようにないと思います。というような事を説明していて、お客さんもシミがあるのは嫌ということで、状態を見て決めたいとのこと^^;

では当日、その場で一枚畳表を剥がしますね。と提案。お客さんが思ったような青味なのかも確認できるから。


もちろん剥がした場所にはシミが無いかもしれない、でも他のにある可能性もあることを伝えてた。


で今朝、

畳のシミ

結構年数が経っていて畳屋さん的には裏返しは勧めない状態^^;
よーく見るとシミが薄くあるのわかるかな?

シミの場所
赤丸のとこねー、これがあったからこの一枚にしたわけじゃないけどたまたま^^;

これの裏は
消えないシミ

ドーンと大きなシミ!。

青味もちょっとね^^;
このシミは畳表が焼けてきたら目立たなくはなるかもしれないけど、かなり長い期間このシミと付き合わなければ見えなくならない^^;


お客さんもこれを見て表替えでお願いします!とのことだったよー。



畳は一度裏返しをしなければならない!と思っている方って結構いて、それは良いことなんだけど、

裏返しするなら5年以内で。

説明してても、20年以上経っているけど裏返しはまだしてないからどうしても裏返しで!!と頼まれ裏返ししたことも多々あるけど、

「あーこんななら表替えしとけば良かった」

って言われることもあるよー^^;


昔は畳の縁が綿の素材しかなくて畳縁が擦り切れたら裏返し、そして表替えっていう良い目安があったんだけど、今は化繊がほとんどで縁が強いから裏返しのタイミングを逃しちゃうんだよねー^^;

俺が畳マンだ!

名前:畳マン
住んでる所:佐賀
好きな事:あらゆる畳の何か
俺の生き様見てちょ

青畳工房 楽天市場店

置き畳 通販

畳マン本拠地サイト

佐賀・小城・久留米の畳は青畳工房

フェイスブックページ